個性派6人組 ヴィレッジ・ピープル

1977年ニューヨークでフランス人プロデューサーのジャック・モラリが仕掛けた、6人編成のディスコグループです。
グループ名は、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジにあるゲイ・ディスコに由来しています。

各メンバーの個性溢れる衣装とともに、明るくハッピーで快活な楽曲で、70年代後半のディスコサウンドブームを盛り上げました。全世界での総売上は5000万枚に達すると言われています。

日本ではおなじみのあの楽曲も、実は彼らが歌っていたんです!

 ■Y.M.C.A(1978年)  
 こちらは、西城秀樹がカバーして有名になった曲ですね!
 〈若人よ!己の足を向ける場所があるのだ!〉
 という歌詞にあるように、誰にとっても背中を押してくれるような歌です。みんなで揃って、あの振り付けで踊っちゃいましょう♪

 ■In the Navy(1978年)  
 日本では、ピンクレディーがカバーしたことでも有名になりました。
 「Navy」とは海軍のことを指しています。
 手拍子で始まるのに加え、曲の途中にもみんなで手拍子をする箇所があります。ディスコで聴いたら大いに盛り上がりそうですね!

 ■Go West(1979年)  
 サビがとっても親しみやすい!「Go West!」とコーラスで歌っているので、大勢で歌えるメロディになっています。

 実はこちら、サッカーサポーターの応援歌(チャント)として世界的に広まっていることはご存じですか?
 メロディの親しみやすさ、歌いやすさ、知名度が高いことなどから広まり、2006年のワールドカップでは公式ソングに起用!
 曲名は『Stand Up! (Champions Theme)』と変わりましたが、「ヴィレッジ・ピープルが歌っているとは知らなかった!」と思う人も多いのでは?!


なんと、彼らの誕生からデビューまでを描いたミュージカルコメディ映画『ミュージック・ミュージック』も製作されました。映画自体はミュージカル風で、メンバー本人が役者として出演しました。

主題歌となったのが、こちら。

 ■Can't Stop The Music(1980年)  
 〈You Can't Stop The Music〉
 と歌い上げているサビが聴いていてとても気持ちよいですね!

軽快なビートの楽曲が多いので、ドライブしながら聴くとテンションも上がりそうです♪

ヴィレッジ・ピープルは現在も活動中!
メンバーチェンジを行いながらも、アメリカ国内のみならず世界各国でライヴ活動を続けており、高い人気を誇っています!



2011年にはSUMMER SONICに出演していました!
懐かしいあの曲やこの曲、久しぶりに聴きたくなりますね!

チャンスがあれば、この楽曲たちを生で聴けるかもしれません♪


ご紹介した楽曲の<ディスコミュージックCD>購入はこちらから。